あなたは大丈夫?夜行バスで迷惑乗客にならないためのマナーを知っておこう!

消灯後は音や光の出るものの使用は控えて

夜行バスは一定の時間を過ぎると、お客さんが眠れるように消灯して運行されます。そのため消灯以降は睡眠をとる人がほとんどなので、この時間帯はスマートフォンや携帯ゲームなどの音や光が出るものの使用は控えるのがマナーです。暗い中でスマートフォンや携帯ゲームをいじっていると意外と光が目立ちますし、特に隣に人が座っている場合は迷惑になります。 ちなみに光や音を消せばいいのかというとそういうわけではなく、何らかの操作をしている音は思った以上に聞こえているので操作自体を中止して静かにしているのが大切なマナーです。さらに音に関してはヘッドフォンやイヤホンをしていても同じなので、音楽プレーヤーの使用も控えた方がいいとされています。

飲食や荷物にもマナーがある

夜行バスの中では飲食を禁止しているところは少ないので、夜食や軽食として何かを飲食する人は多いです。ただこの時に匂いのきついものを食べたりアルコールを多量に摂取する、音を立てて食べるものなどは控えた方が望ましいとされています。特にアルコールに関しては少量なら問題はありませんが、酔ってしまうほど飲んでしまうと迷惑行為をしてしまう可能性が高くなるので注意が必要です。 また荷物に関してもトラブルに発展する可能性があるので注意が必要とされており、基本的に大きなものはトランクに預けて小さいものだけを車内に持ち込むようにします。持ち込む荷物に関しては自分たちのスペースは狭いので最小限にとどめておくようにして、下に置く場合も隣の人のスペースにはみ出さないようにするのが大切です。