本文へジャンプ
2013年開催レポートはこちら

最新情報

12月27日
「応募作品→製品化マッチングサイト」の公開を終了いたしました。
10月30日
「応募作品→製品化マッチングサイト」の一般公開を始めました。
10月21日
コンテスト開催報告を掲載いたしました。
9月24日
『MONOist』に「Kinect for Windows Contest 2013 リポート」が掲載されました。詳細
9月19日
「Kinect for Windows Contest 2013」開催。グランプリ受賞作品が決定いたしました。
9月17日
コンテスト観覧の受付を9月17日で締め切らせていただきました。
9月5日
応募作品紹介」ページに一次審査通過作品を掲載いたしました。
8月27日
コンテストの応募は8月26日で締め切らせていただきました。
8月26日
エントリーの受付を午後6時で締め切りました。
7月18日
2012年グランプリ受賞者インタビューを掲載いたしました。
6月12日
オフィシャルサイトを更新し、エントリー受付開始いたしました。
2012年開催レポート

グランプリ決定

9月19日(木)、新宿パークタワー24階「パークルーム」において、「Kinect for Windows Contest 2013」を開催いたしました。当日は一次審査通過作品がそれぞれプレゼンテーションを行い、実行委員会による最終審査を経て、栄えあるグランプリが決定いたしました。
グランプリは、実用性、独創性、将来性、操作性、完成度の全項目で高得点を獲得された、「four-dee」「face4D ( フェイス フォーディー )」に決定し、賞金100万円が授与されました。その他、アイデア賞、技術賞として各1作品が表彰されました。受賞されたチームの皆様、おめでとうございます。
本コンテストにたくさんのアイデアをご応募いただきましたこと、また本日のコンテスト・表彰式に多くの皆様にご参集いただきましたこと、誠にありがとうございました。

2013年開催レポートページはこちら≫

Kinect for Windows Contest とは?

ゲーム(Xbox360)専用のデバイスだったモーション・センシング入力デバイスが、Windowsで利用できるKinect for Windowsとして登場し、商用利用の可能性が広がりました。無償のSDK(開発ツール)をダウンロードすれば、誰でも開発が可能です。2013年3月にはSDK v1.7がリリースされ、Kinect Interactions(ハンドジェスチャーのサポート)、Kinect Fusion(3Dスキャナー機能)なども追加されています。
そこで、今年もKinect for Windows コンテスト2013を開催いたします。Kinect for Windowsを使ったアイデアを製品やサービスとして普及させることを目的に、作品応募者と作品に興味がある企業とをつなぐマッチングサイトも準備します。
新しい機能をフル活用して、賞金100万円にチャレンジしてください。

マッチングサイトとは?
本年度のKinect for Windowsコンテストへの全応募作品をご覧いただけるサイトです。
サイト内で作品を閲覧し、興味のある作品にチェックしていただくと、
東京エレクトロンデバイスよりその作品応募者をご紹介いたします。

【一般公開期間】:2013年10月30日(水)~12月27日(金)
右のバナー画像クリックでマッチングサイトへお進みください。

マッチングサイト2013
マッチングサイトへ


Kinect for Windows とは?

Kinect for Windowsについての詳細(機能、仕様など)につきましては、こちらのサイトをご参照ください。
・日本マイクロソフト
 Kinect for Windows サイト(英語)
 Kinect Effect(Kinectでできること)
・東京エレクトロンデバイス
 Kinect for Windows ご案内サイト

開催概要

開催日 2013年9月19日(木)
会場 新宿パークタワー N棟24階 パークルーム
(東京都新宿区西新宿3丁目7-1 MAP
参加費 無料
主催
東京エレクトロン デバイス株式会社
Kinect for Windows Contest実行委員会
スケジュール 8月26日(月) コンテスト応募 締め切り

9月5日(木) 一次審査通過者 発表(ご本人に通知およびサイトにて発表)

9月19日(木) コンテスト当日、審査、結果発表、表彰式
特別協賛
  • 日本マイクロソフト株式会社

    日本マイクロソフト株式会社

  • (以下、社名五十音順)
  • 株式会社 エムネット

    株式会社 エムネット
    東京エレクトロンデバイスのネットワークパートナー企業として、Microsoft製品のご提案と供給、またhardware部品の供給に至るまで、幅広いサポートを行っております。

  • グローリー株式会社

    グローリー株式会社
    当社は、通貨処理機のパイオニアとして数々の製品を世に送り出してまいりました。現在は世界100ヵ国以上で製品が活躍しています。
    今後の製品では、近未来を感じさせるKinectデバイスに注目しています。

  • KDDI株式会社

    KDDI株式会社
    当社は「マルチユース」「マルチネットワーク」「マルチデバイス」からなる「3M戦略」のもと、新たな成長領域として医療、健康、教育、環境の分野で当社の通信環境を活用したソリューションを推進しております。

  • 株式会社ゴーガ

    株式会社ゴーガ
    地図と位置情報の利活用を中心テーマに、ソフトウェア開発とデータ分析に取り組んでいます。Kinectを活用したデジタルサイネージも提案しています。
    業容拡大につき、エンジニアを積極採用中です。

  • 株式会社コンテック

    株式会社コンテック
    当社は、FAおよびIT業界において産業用パソコン・計測制御ボード・ネットワーク機器などの産業用製品とシステムインテグレーション技術で、お客様のあらゆるソリューションを解決します。

  • シスメックス株式会社

    シスメックス株式会社
    シスメックスは、血液や尿などを調べる検体検査に必要な機器や試薬、ソフトウェアを開発、製造、販売し、ヘルスケアの分野で事業展開しています。

  • 株式会社電通テック

    株式会社電通テック
    全てのプロモーション領域でその専門性を発揮して、日本や世界の経済の活性化、文化そして生活の豊かさに貢献します。企業と生活者、あるいは企業と企業をつなぐソリューションを提供する企業です。

  • Natural Software

    Natural Software
    個人事業主として、Microsoft Kinect や Intel Perceptual Computing SDK、Leap Motion といったセンサーデバイス搭載アプリケーションについての開発、講演、執筆、コンサルタントなどを行っています。

  • 株式会社ネクストシステム

    株式会社ネクストシステム
    当社は、Kinectを使ったモーションコントロールシステム「Kinesys(キネシス)」や医療系システム「iKINESYS」、バーチャルファッションシステムなどの開発を行っています。

  • 株式会社PFU

    株式会社PFU
    PFUでは、情報KIOSK端末、業務用コントローラ、小型CPUモジュールなどを開発しており、お客様のニーズや仕様によりKinectなどと組合せて製品の提供を検討しています。

  • 株式会社リゾーム

    株式会社リゾーム
    リゾームはCRM、経営分析パッケージの販売と、マーケティングコンサルの創業23年目を迎える会社です。全国の流通小売のユーザーを顧客に持ち、お客様の行動分析を業績に結び付ける取り組みを行っています。

協賛
  • 株式会社エヌ・エム・アール
    弊社は、海外の産業用メーカーから最新技術の製品を輸入販売しています。
    Intel CPUボード ARMボード LCDモジュールを扱っており、全数検査し品質の良い優れた製品を低価格で販売しています。

メディアパートナー
(以下、社名アルファベット順)

ページの先頭へ戻る